理学療法士の役割と活躍場所

理学療法士ってどんなお仕事?

理学療法士は、医学的にリハビリテーションを行うスペシャリストの1つ。理学療法士はフィジカルセラピスト(PT)とも呼ばれ、病気やケガで身体に障害を持った人を対象に、日常生活に必要な動作(立ちあがる、歩く、寝返りなど)の改善を目指します。医師、看護師、介護師、コ・メディカルと相談しながら、患者さんが自立した生活を送れるよう、一人一人の状況にあったリハビリのプログラムを計画・実行するお仕事です。また、患者さんの状況を共有するため、こまめにデータをチェックしたり、他の業種と円滑なコミュニケーションをはかる事も理学療法士には大切です。患者さんの中には、高齢者や事故などで身体的機能障害を患った方だけではなく、新生児の運動能力発達遅滞、脳卒中による麻痺、その他合併症による身体的な障害をもつ方もいます。障害予防として、子どもの発達を助ける訓練、呼吸訓練など幅広い年齢の方と関わる機会もあります。

主な理学療法には
○運動療法・・・・手足の関節を動かしやすくする、筋力を回復させる為にマッサージや体操行う療法
○物理療法・・・・電気刺激や温熱を使用し、痛みの軽減を行う療法
があります。その他にも、日常の基本的動作の訓練をする「日常生活活動訓練」もあります。さまざまな内科的治療、健康増進、スポーツ医学などでも理学療法は使われています。

理学療法士になるには
養成所で3年以上学び、国家資格を受験して取得する必要があります。試験の難易度は高く計画的な勉強が必要ですが、生涯を通して使うことができる有益な資格です。
すでに作業療法士の資格を取得されてる場合は2年以上で受験資格が得られます。

これからますます注目される職業なんです!

◇◆理学療法士が活躍する場所◆◇

病院・老人福祉施設・診療所・通所リハビリ・訪問リハビリ・市役所・区役所・特別支援学校・障害者福祉センター・障害児(者)施設・健康管理/スポーツをサポートする企業

理学療法士は人気が高く、ニーズも多い職業です。病院や福祉施設の他にも市の施設やスポーツチームなど、活躍の場は多種多様です!!
身近な医療現場だと、腕や脚を骨折した時などに行く整形外科になります。スポーツリハビリの分野の人気も高いですよ。

理学療法士の勤務先は、ほとんどが病院や診療施設です。近年では、高齢化の影響で老人ホームなどの福祉施設が増加し、需要が高まっている為、施設で働く理学療法士も増えている傾向があります。また、医療現場だけではなく、障害者が使用する機器の製造に携わったり、地域のボランティアやヘルパーの指導などもあります。日常生活において支援が必要な高齢者へのサポート役として、理学療法士はますます注目される存在なんです!
資格を取得された方は、自分がどの現場で能力を発揮したいかを絞っておくと、希望にマッチした求人が見つかりやすいですよ。医療の分野は日々めまぐるしく技術が進歩し、次々に情報が入れ替わります。行政や医療団体の動向など、業界の最新ニュース・情報ページが多い求人サイトを活用すれば、今後の自分の方向性を決める役立つ情報が得られるはずです。

おすすめ記事ピックアップ

  • 理学療法士の役割と活躍場所

    理学療法士は、病気やケガで障害を負った人に、マッサージや体操などの運動療法や、電気や温熱刺激などの物理療法で痛みの緩和をはかったり、日常生活活動訓練を行うことで、自立した生活を送れるようサポートします。

  • 看護師のお仕事の特徴と魅力とは?

    家族が怪我した時にはその場ですぐ適切な処置ができますし、体調を崩した場合は症状を見て、病院に連れていった方がいいかどうかを冷静に判断する事ができます。 子供がいる家庭なら、「どう対処したらいいの?」という場面も多いと思います。友人に健康上の問題を相談されることも多いかもしれませんね。

  • やっぱり忙しい?看護師の勤務体制

    看護師にはさまざまな職場があります。病院看護師、産業看護師、研究員、保育園など医療・福祉の現場にはなくては ならない存在です。看護師の8割は病院で働いています。どんな仕事をしているのか気になりますよね!

  • 医師の2つの役割

    医師は私たちもよく知っている通り、病気や怪我になったときに治療や手当てをする人を指します。健やかな生活を送るためにかかせない存在です。